ニュースリリース

2017.05.15

「改正FIT法」 申請と対策はお済ですか?

2017年4月1日に改正FIT法が施行されました。

これは、FIT制度開始5年で導入量は大幅に増大した一方で、国民負担の増大や未稼働案件の増加、地域とのトラブルが増加するなどの課題を踏まえ、新しい認定制度を設け、設備認定から事業計画認定とすることで、事業の適切性や実施可能性をチェックし、責任ある発電事業者として再生可能エネルギーの長期安定発電を促していく趣旨です。また、中長期の価格目標や入札制度を設けることによって、将来の再エネ自立化に向けた仕組みも構築するといったものです。

この「改正FIT法」と呼ばれる制度変更によって、太陽光発電を設置済みの人も、これから設置する予定の人も、新しく手続きや義務が発生します。場合によっては、設備認定が取り消される可能性もありますのでしっかりと対応していかなければなりません。

売電が取り消しになったら、融資の返済や投資回収の計画がメチャクチャになってしまいます。ご注意ください!


当社施工オーナー様はもちろん、他社で設置された太陽光発電オーナー様でも、改正FITをトータルでサポートしておりますのでまだ未対応のオーナー様はご相談ください。


♦改正FITの主なポイント

⑴保守点検の義務化
当社では、おひさま会員制度(太陽光発電実質0円メンテナンス)がありますのでご利用ください。
10KW以上のお客様向けO&M(保守点検サービス)もあります。


⑵事業計画作成支援
おひさま会員制度(太陽光発電実質0円メンテナンス)のオーナー様は無料で申請代行しております。
2017年9月30日までに(旧FIT法で稼働済みの設備の場合)申請が必要です。


⑶標識義務化
20KW以上の地面設置の産業用太陽光発電所は、2018年3月31日までに(旧FIT法で稼働済みの設備の場合)設置が必要です。


⑷フェンス義務化
地面設置の産業用太陽光発電所は、2018年3月31日までに(旧FIT法で稼働済みの設備の場合)設置が必要です。



手続きがご不安な方は、当社社員が手続き方法をご説明いたしますのでご連絡ください。

バイオマス・ジャパン株式会社
太陽光事業部 トウキョウ・エコファースト
TEL:03-6912-8102

現在、お問合せが多く電話がつながりにくい場合がございます。担当者からの折り返しのご連絡となりますので「お名前」「ご住所」「つながりやすいお電話番号」をお伝えください。