ニュースリリース

2017.02.23

パナソニック新商品発売! 新型太陽光発電システム

パナソニックは2月20日、従来品比で約1/3に小型化し壁掛けも可能とした、住宅用パワーコンディショナの新製品「パワーステーションS(5.5kW)」を発売すると発表しました。

この新製品とリチウムイオン蓄電池ユニット(5.6kWh)をセットにした「【住宅用】創蓄連携システム」の受注を4月5日より開始しまう。

この「【住宅用】創蓄連携システム」は、太陽光発電システム(別売)とリチウムイオン蓄電システムを連携させ、日常時も停電時も電力を安定供給するシステムでシステムの合計価格(税抜・工事費別)は169万円となります。

パワーステーションSは、停電時に炊飯器や電気ケトルを使用できる2.0kWの高出力はそのままに、小型化と壁掛け型を実現し、設置の自由度を大きく向上させた。国内住宅用パワーコンディショナ業界初の全端子速結端子を採用し、施工時の結線作業に要する時間を半減。壁掛け型では基礎工事が不要となったため、設置範囲の拡大と大幅な工期短縮を実現しています。

また、将来のインターネットを通じて外部システムから充電・放電を制御する遠隔制御を見据え、無線LAN機能の標準搭載やHEMS連携、さまざまな外部システムとのネットワーク連携機能を標準搭載しているのも特徴です。