ニュースリリース

2016.12.22

太陽光発電、2017年度買取価格提示されました

経済産業省が開催した調達価格等算定委員会(第28回)において、固定価格買取制度(FIT制度)における、2017年度以降の再生可能エネルギーの買取価格についての委員長案を取りまとめました。

10kW未満の太陽光発電(家庭用)については、2019年度に家庭用電気料金水準とすることを目標にシステム価格を定め、2017年度、2018年度、2019年度と段階的に引き下げていく買取価格を提示しました。段階的に引き下げられるので早めの設置が有利となります。

2017年度は28円/kWh
2018年度は26円/kWh
2019年度に24円/kWh

10kW以上2,000kW未満の太陽光発電の2017年度の買取価格は21円/kWh(2016年度24円/kWh)。